TALK session

異なるジャンルでご活躍されている3名のアーティストをお招きするトークセッション。

 

テーマを元に、ご自身の活動や作品に対する思いや発表に対する思いなどなど、

会場に足をお運びくださる皆さまからの質疑を一部交えて、たっぷり1時間、お話をしていただきます。

 

 

日時:3月9日(土)14:30-15:30

 


小田島 等

 1972年東京生まれ。

 

イラストレーター / デザイナー。桑沢デザイン研究所卒業。1990年に「ザ・チョイス」入選。95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。

 

ロックバンド、サニーデイ・サービスとの共同作業は20年以上に及ぶ。

 

同時にイラストレーターとして活動。近年では展示活動も精力的に行う。近著に自身のアーカイブ的作品集『ANONYMOUS POP』等がある。

松井 えり菜

 画家 / 現代美術家
1984年、岡山県出身。
多摩美術大学卒業後、東京藝術大学大学院美術研究科修了。

 自画像やウーパールーパーをモチーフとした作品を多く制作する。

 2004年に自画像『エビチリ大好き』で『GEISAI#6』金賞を受賞。同作品はパリ・カルティエ現代美術館のコレクションとして収蔵される。

 

2012年には平成24年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてベルリンに派遣される。

 

帰国後2016年に霧島アートの森にて大規模個展『顔の惑星』を開催するなど国内外で精力的に活動中。

Ryu Takeuchi

ARTsLABo主宰・Ryu Takeuchiが自身の作家活動と平行して “作家の立場から考えたイベント企画”をコンセプトに2007年に立ち上げました。

 

イラストを広く知って頂く、見て頂くきっかけとしてポストカード展からスタート、誰でも参加できる気軽な展示企画としてテーマ展や、原画販売の入り口となるATC(アーティストトレーディングカード)の企画など、現在では色々と増え、年間20以上のイベントを運営するまでに成長しました。

 

そのほどんどの業務を主宰・Ryu一人で行っています。

 

印刷や画材などの企業様との繋がりも出来、『創作イラスト』全体がもっと盛り上がる様に

 

日々アイディアを練り、活動しています。

 



会場に来れない方も必見です。

pixiv Sketchチームにご協力いただき、「YouTube」でトークセッションを配信いたします。